糖尿病の食事は制限あり|制限の範囲で美味しく食べられる病食宅配

スマイル

適正な量をおいしく食べる

介護

塩分やタンパク質ひかえめ

腎臓病の食事療法では、塩分やタンパク質をとりすぎないように気をつけることが第一です。タンパク質が多すぎると尿素窒素など腎臓に負担をかける老廃物が増えます。また腎臓病患者の腎臓はナトリウムを排出する機能も低下しているので、塩分も過剰摂取にならないようにする必要があります。しかしあまり神経質になりすぎると必要な栄養素までとれなくなる心配があるため、栄養素の摂取量には十分な配慮をすることが不可欠です。特に慣れない最初のうちは、こうした食事療法を正しく行うことは簡単ではありません。そこでおすすめなのが宅配の腎臓病食の利用です。腎臓病食の宅配会社では、日替わりメニューで飽きのこない食事を管理栄養士の監修のもと提供しています。

病状に合ったものを選べる

高血圧の治療を早い段階から受ける人が増えたことにより、腎臓病の患者数は次第に減少に転ずると予測する向きもあります。ですが、ここで無視できないのが糖尿病患者の増加です。糖尿病の症状が進んで腎臓の機能が低下し、糖尿病腎症という腎臓病になる人は年々増加しているのです。腎臓病食は糖尿病食に比べても一段階進んだ配慮が必要なため、患者自身や家族の手で毎日用意するのは多少無理があるといえます。そのようなわけで腎臓病食の宅配サービスが広がりを見せているのです。宅配サービスではカロリー・塩分・タンパク質それぞれについて制限食が提供されており、その中から病状に合わせて選ぶことができます。糖尿病患者が増加している以上腎臓病を患う人の数が減少するとは考えられないことから、こうした宅配サービスのニーズはこれからも重要性を増していくことでしょう。